ニキビ相談室

背中・胸と顔のニキビって違うの?

にきびや、ニキビ跡があることで悩んでいるという人は結構多いのですが、人によって出来る箇所には違いがあります。背中に出来る人もいれば、胸や顔に出来る人もいる・・・。にきびやニキビ跡が出来る箇所で、何か違いがあるのでしょうか。そんな疑問を抱いている人のために、このページで詳しく解説していきます。

背中ニキビの方が治りにくいのはなぜ?

背中は、汗を掻きやすいのですが、自分では見えにくい部分なので洗うのはとても大変です。そのため、綺麗に洗うことが出来ずに、石鹸が残ったままになっていることがあります。それにより、毛穴に汚れが詰まっていきます。また、背中は意外にも皮脂の量が多いです。これらは、背中ににきびやニキビ跡が出来やすくなる原因です。背中は保湿することが難しいため、乾燥しやすいというのも、にきびやニキビ跡になる原因として挙げられます。背中のニキビを早急に治すには、シャワーで汗や汚れを流すなどして、清潔にするのが1番です。また、お風呂上がりは背中にも化粧水やクリームを塗布し、しっかり保湿しておくというのも、にきびを治す近道です。

背中は色素沈着になりやすいってホント?

背中の色素沈着は、にきびやニキビ跡の悪化によって引き起こされるものです。背中は、自分の目で見るのは難しいため、ついついケアを怠ってしまいがちな部位ですが、そのせいでにきびが進行してニキビ跡になり、色素沈着を起こしてしまっていることがあります。色素沈着した背中をそのままにしておくと、治りづらくなり、見栄えの悪い背中になってしまいます。背中の色素沈着を起こさないためにも、普段から徹底して対策をすることが重要なのです。背中を掻いたり擦ったりするのは、色素沈着をさらに促してしまうため絶対にやってはいけません。また、紫外線から肌を守ることも重要。背中の開いた服を着るときは、日焼け止めを塗るなど対策をしましょう。

背中は服に覆われ炎症が悪化しやすいって聞きました。

洋服を着ることで、肌と擦れてしまうのでにきびやニキビ跡が悪化します。しかし、洋服を着ないということは出来ません。対策としては、洋服を選ぶとき「肌に優しい素材」を選ぶということです。ニット素材により、肌を刺激してしまうことがあるので、肌が弱い人は特に注意し、中からインナーを着用するなど対策しておきましょう。また、汗の吸水性に優れていないシルク素材も、にきびやニキビ跡を悪化させてしまうことがあります。肌に優しいオススメの素材は、「木綿」です。この素材は、肌触りが良く、汗を吸水する力も優れているので、にきびやニキビ跡がある人でも着用しやすいです。にきびやニキビ跡が気になる人は、素材選びを意識しましょう。

ニキビ改善したい人へおすすめ美容外科

おすすめ品川美容外科

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

湘南美容外科クリニック

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

サクラアズクリニック

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

あなたにぴったりな施術方法をCHECKしてニキビ改善でおすすめの美容外科に相談しよう!

おすすめ美容外科はこちら

ニキビが気になる方はCHECK!ニキビ治療におすすめ美容外科はこちら

ニキビ相談室

美容コラム

ニキビ改善方法

にきびやニキビ跡を改善するためには、美容外科が非常に効果的ですが、日々のスキンケアも非常に大切です。にきびやニキビ跡を改善するには、”ビタミンC”が良いとされています。ビタミンCには、殺菌作用や美白効果があります。にきびの原因となる菌を殺菌し、美白効果でニキビ跡を消す働きがあるのです。化粧品や食事などから摂取することが可能で、化粧品を利用する場合、特に浸透性の高いアイテムを選ぶことがオススメです。

このページのトップへ