ニキビ相談室

ニキビ治療って痛いの?

にきびやニキビ跡を治す治療方法には、「レーザー」や「針」、「ピーリング」などがあります。美容外科で受けられるにきび治療は、治りが早いということで、にきびに悩む多くの人から選ばれています。しかし、気になるのが「痛み」です。チクッとした軽い痛みだけでなく、重い痛みまであり、ニキビ治療の内容によって異なります。

ニキビのレーザー治療を受けたいと思っています。痛いですか?

にきびやニキビ跡の改善に効果的なレーザー治療は、痛みを感じることがほとんどありません。気になる部分にレーザーを照射するだけ、といった簡単な方法で治療が行われます。レーザー治療には、「炭酸ガスレーザー」や「フラクショナルCO2レーザー」など、様々な機器があります。カウンセリング時、にきびやニキビ跡の状態や、肌状態を医師がしっかり確認し、患者一人ひとりに適した機器を使ってレーザーを照射していきます。どのレーザー機器を選んだとしても、痛みをあまり感じることなく受けられるというのが、レーザー治療の良い点です。そのため、痛みに弱い人や痛みを感じやすいという人でも、無理なく気軽に受けることが出来ます。

雑誌でニキビを針を使う治療があると見たのですが痛いですか?

針を使った治療は、にきびやニキビ跡に絶大な効果があります。しかし、この治療は、多少痛みを感じることがあります。治療を受けている最中は、麻酔クリームを塗るため、あまり痛みを感じません。しかし、麻酔クリームの効果が切れた後、ヒリヒリとした痛みを感じることがあります。痛みに敏感な人や、痛いのが苦手な人は、他の治療を選ぶか、あらかじめ医師に相談しておくと良いでしょう。針を使う代表的な治療は「ダーマローラー」です。この治療は、にきびやニキビ跡の気になる部分に、ダーマローラーという針の付いた機器を転がし、肌に穴を開けていくという方法です。治療を受けることで、肌のターンオーバーが良くなり、にきびやニキビ跡を綺麗に消せます。

ニキビ治療で痛みや副作用は出ますか?

ニキビ治療には様々な方法があり、痛みや副作用はそれぞれで違います。「フラクショナルCO2レーザー」などのレーザー治療は、肌にレーザーを照射するだけで、痛みをあまり感じることがありません。治療後、人によっては肌が赤くなりますが、数日で良くなることがほとんどです。「ダーマローラー」などの針治療は、多少痛みがあり、何日か腫れることはありますが、症状は自然と良くなります。「ケミカルピーリング」などのピーリング治療は、染みるような痛みがあるものの、それほど激しい痛みではありません。術後、肌が赤くなる、乾燥するなどの症状が現れますが、特に心配する必要はありません。痛みや副作用についても考えた上で、治療を選びましょう。

ニキビ改善したい人へおすすめ美容外科

おすすめ品川美容外科

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

フェミークリニック

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

城本クリニック

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

あなたにぴったりな施術方法をCHECKしてニキビ改善でおすすめの美容外科に相談しよう!

おすすめ美容外科はこちら

ニキビが気になる方はCHECK!ニキビ治療におすすめ美容外科はこちら

ニキビ相談室

美容コラム

間違ったお手入れ方法

にきびやニキビ跡を改善しようと、過剰なクレンジングや洗顔、保湿ケアを行っている人は多いです。しかし、それでは逆効果となってしまうことも。肌の油分が多いとにきびが出来やすくなるので、乳液を使いすぎてしまうことで、逆に悪化させる可能性があります。反対に、過剰なクレンジングや洗顔によって皮脂を取り除きすぎてしまい、肌乾燥からニキビを引き起こすこともあります。そうならないよう、肌に合ったスキンケアを心がけましょう。

このページのトップへ