「大人ニキビ」のできる場所と対策

顎(あご)

「にきび」や「ニキビ跡」は、顎(あご)に出来やすいといわれています。その理由としては、「顎の皮脂の量は多いから」です。出来やすいといわれる顎ニキビは、治すのに一苦労してしまいます。女性にとって、とても迷惑な顎のにきびですが、原因を知ることで適切な対策法を見出すことが出来ます。顎に出来るにきびの原因は様々ですが、その中でも特に多い原因をピックアップしています。それと併せて、対策法についても記載しています。

メイクの洗い残し

毎日メイクをするという女性は多いですが、きちんとメイクは落としていますか?メイクを綺麗に落とさないと、毛穴に汚れが蓄積され、にきびやニキビ跡は治るどころか逆に悪化してしまいます。顎は、おでこや頬など他の箇所に比べて、洗い忘れが多いです。にきびは、毛穴に汚れが溜まってしまうことで発生します。ですから、洗顔は丁寧に隅々まで行うというのが鉄則です。また、メイク落としに使用する「クレンジング剤」や「洗顔料」の洗い残しも、顎ニキビの原因になりますので注意しておきたいポイントのひとつです。メイクをするのは良いですが、くれぐれも洗い残しには注意しましょう。肌は、清潔にするというのが1番大事なことです。

胃腸機能の低下

日頃、暴飲暴食をしている人は顎ニキビが出来てしまい、ニキビ跡も治りにくいです。胃腸は、飲食物を消化するために欠かせない器官で、その機能が弱ってしまうと、体のあらゆる箇所に影響が出てきます。「ニキビやニキビ跡の悪化」以外に、「便秘、下痢」、「免疫力の低下」などの症状が現れます。胃腸の低下が原因でにきびが出来る場合は、胃腸に負担がかからないような生活を送ることが最適です。特に食事は重要で、「糖分の含まれた甘い食べ物」や、「脂っこい食べ物」は胃腸にとても負担がかかってしまうため、なるべく控えることが望ましいです。胃腸に良いのは「野菜」や「キノコ類」です。睡眠を十分に取るのも、胃腸の働きを正常にするために大事なことです。

保湿

保湿は、顎ニキビを防ぐためにとても重要なことです。にきびが出来る原因として、皮脂量が多いだけでなく、肌の乾燥も挙げられます。肌が乾燥することで、「肌の再生機能が十分に働かない」、「毛穴が詰まりやすくなる」といったことが起こります。保湿は、洗顔後、「化粧水」や「乳液」、「美容液」を使用して行います。にきびのある肌に適しているのは、「ビタミンC」の含まれたスキンケア用品です。ビタミンCは、肌の皮脂量を抑えながら、乾燥を防いでくれますので、にきびやニキビ跡を改善するのに効果的です。また、にきびやニキビ跡が気になる人は、なるべく油分の少ないスキンケア用品を使って肌を保湿をすることが望ましいです。

ニキビ改善したい人へおすすめ美容外科

おすすめ品川美容外科

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

城本クリニック

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

湘南美容外科クリニック

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

あなたにぴったりな施術方法をCHECKしてニキビ改善でおすすめの美容外科に相談しよう!

おすすめ美容外科はこちら

「大人ニキビ」ができやすい他の場所

  • おでこ
  • 鼻
  • 口のまわり
  • 顎(あご)
  • 頬(ほお)
  • 首まわり

ニキビが気になる方はCHECK!ニキビ治療におすすめ美容外科はこちら

ニキビ相談室

美容コラム

繰り返すニキビの対策

繰り返すにきびの原因は、「毛穴に汚れが詰まっているから」だと考えられます。不規則な生活を続けたり、化粧汚れを綺麗に落とせていなかったりすると、毛穴はどんどん汚れていきます。繰り返し出来る厄介なにきび対策として、「洗顔料を変えてみる」という方法が挙げられます。特にオススメなのが、弱アルカリ性の洗顔フォームです。肌に刺激を与えることなく、毛穴の汚れをしっかり落とるので、繰り返すにきびに別れを告げることが出来ます。

このページのトップへ