「大人ニキビ」のできる場所と対策

鼻周辺は、皮脂の量が多いです。皮脂が多いと、にきびやニキビ跡が出来やすいといわれています。鼻周辺のにきびやニキビ跡は、割と目立ってしまうため、悩んでいるという女性は多いでしょう。にきびやニキビ跡が出来る原因は、皮脂の量以外にも、様々なことが考えらます。そこで今回は、鼻のニキビが出来る原因と対策をいくつか紹介していきます。下記に挙げる原因に思い当たる人は、このページを参考に、今すぐニキビ対策をしましょう。

間違った洗顔

オイリー肌の人がやりがちですが、1日に何度も洗顔するというのは良くありません。頻繁に洗顔することで、必要な皮脂まで除去し、肌が乾燥してしまいます。洗顔は、1日に2回がベストです。また、洗顔を水だけで行うのも間違いです。水だけでは、毛穴や皮脂の汚れを綺麗に落とせません。洗顔は、洗顔フォームや石鹸を使って行うのが基本です。にきびやニキビ跡に悩んでいる人は、無添加タイプなどの、肌に優しい石鹸を使うのが好ましいです。洗顔するときは、水温も重要です。最も良いのが「ぬるま湯」で、毛穴を開き綺麗に汚れを落とせます。冷たい水だと毛穴は開きませんし、熱すぎる水だと肌に刺激を与えてしまいます。洗顔時の水温には、気をつけましょう。

内臓の不調

鼻にきびの原因として、「内臓の不調」が考えられます。内臓の不調は、「睡眠不足」や「ストレス」、「偏った食事」が原因です。肝臓や腎臓などの内臓が上手く働かないと、体の外に老廃物を出すことが出来ません。また、肌に必要なビタミンを蓄えることも難しくなります。こういった様々な理由により、肌ににきびが現れ、やがてニキビ跡になってしまうのです。対策としては、内臓に負担をかけない生活を送ることです。睡眠を十分に取ることと、食べ過ぎを避け、野菜中心の食事を心がけると良いでしょう。また、ストレスは溜め込まないようにするのが望ましいです。自分なりのストレス発散法を見つけることで、内臓にかかる負担を抑えることが出来ます。

鼻を触る癖

皮脂の量が多い鼻は、もともとにきびが出来やすい箇所です。しかし、鼻を頻繁に触ることで、菌が付いたり、毛穴を塞いだりします。手は、思っているよりも菌が多く付いています。頻繁に触ることにより、にきびやニキビ跡が出来てしまうということは少なくありません。特に、鼻のアレルギーを持っている人は、触る回数も多くなるといえます。鼻を触る癖がある人は、ただちに癖を治す必要があります。すぐに改善することは難しいかもしれませんが、普段から必要以上に鼻を触らないよう意識するだけでも変わってきます。鼻を触らないよう、マスクを着用するというのもひとつの手ですが、マスクとの摩擦が刺激にならないよう、注意しましょう。

ニキビ改善したい人へおすすめ美容外科

おすすめ品川美容外科

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

フェミークリニック

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

城本クリニック

  • オフィシャルHP
  • 美容外科紹介

あなたにぴったりな施術方法をCHECKしてニキビ改善でおすすめの美容外科に相談しよう!

おすすめ美容外科はこちら

「大人ニキビ」ができやすい他の場所

  • おでこ
  • 鼻
  • 口のまわり
  • 顎(あご)
  • 頬(ほお)
  • 首まわり

ニキビが気になる方はCHECK!ニキビ治療におすすめ美容外科はこちら

ニキビ相談室

美容コラム

背中のニキビ

背中にきびは、「衣服を清潔にする」「ホルモンバランスを整える」「保湿をする」ことで、改善出来ます。背中は汗をかきやすい部分で、雑菌が溜まりやすく、それによりにきびが出来てしまいます。汗をかいたら、「シャワーを浴びる」「着替える」などして清潔にしましょう。ホルモンバランスは、「ストレスを溜めない」「規則正い生活を送る」ことで整えられます。肌が乾燥するとにきびが出来やすいので、こまめに保湿をすることが効果的です。

このページのトップへ